スタッドレスタイヤ

スタッドレスタイヤと聞いても雪の降らない地域の人たちではわからない人もたくさんいるかもしれません。

しかし雪の降る地方に住んでいる人たちにとってスタッドレスタイヤは冬の道を車で走るには欠かせないものです。

スタッドレスタイヤは夏タイヤよりも溝が深くなっているので冬季間の凍結した道でも滑りにくいという性質を持っています。

夏タイヤよりも少し値段は高いですが、雪国の道路を走るときにはスタッドレスタイヤを装着していないとスリップの危険があります。

雪国では11月、12月には毎年タイヤ交換をして冬に備えます。

そして雪がなくなる3月ごろにまた夏タイヤに履き替えます。これを毎年やらなくてはならにので非常に面倒です。

ガソリンスタンドやカーショップなどでは1本500円で交換してくれますが、4本で2000円も払うのなら自分で交換してその浮いた2000円で他のものを購入した方がいい気がします。
軽自動車なら4本で30分くらいで終わるような作業ですので運動がてらに自分で行うのもいいかもしれません。